熊本地震により通行不能となっている国道57号の災害復旧事業|二重峠トンネル(大津工区)工事

平成28年4月16日 熊本地震により阿蘇大橋地区に災害が発生

 熊本地震は、県内各地に大きな被害をもたらしました。熊本・大分間を結ぶ国道57号においても、土砂崩れにより阿蘇大橋周辺の地区が被害を受け、道路の寸断や阿蘇大橋の崩落など、その爪痕を残しています。
 こうした交通網へのダメージは、地域復興の大きな障害になり、1日も早い復旧への対応が求められています。
 そこで、一刻も早く国道の機能を復旧するために、熊本県や地元関係自治体、皆様のご意見を踏まえ、安全で安心してご利用いただける北側復旧ルートを整備することとしました。
 「二重峠トンネル」ではこの路線の一部として大津町と阿蘇市を結び、円滑な交通を可能とすることを目的に工事が進められています。

工期短縮のためのECI方式(発注方式)の活用

国道57号北側復旧ルート 建設の流れ

ページの
トップへ